FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都荒川区で野良猫の餌やりに罰金条例の提案が!

実は、東京都荒川区でかなり強行と思われる
条例提案が出たとの記事を読みました。

まだ、決定ではないようです。
野生動物(カラス、ハト)への餌付けは
問題はありますが、エサを上げたら罰金というのは、
人道的に考えても問題があります。
なぜならば、ハト、カラスを虐待しても、
大した罪にならないのが現在の日本の法律です。
野生動物の保護がままならない現状を考えても、
エサを上げたら罰則条例というのは、
大変問題があると考えられます。

それと、野良猫に関してです。
荒川区というと、野良猫が多い地域として有名で、
避妊去勢手術を施して、
個人団体ボランティアが
地道な活動を続けていると聞いております。
そのような場所で、野良猫にエサを上げたら罰金というのは、
明らかに野良猫は餓死せよ。
と荒川区が認めた事になります。
野良猫は、元々は飼い猫であり、
無責任な人間の被害者でもあり、
エサの無い都会で、猫が野生として生きて行く事は
不可能でもあります。
「エサを上げなければ、野良猫問題が解決する」
などという乱暴な条例が、
東京都の荒川区で認められてしまったとしたら、
日本全国でひもじい思いをしている野良猫の生きる権利が
脅かされてしまう事にもなりかねません。

荒川区、東京都が野良猫問題を解決する為に、
行わなければならない事は、
避妊去勢手術をした上でのエサやりだと思えます。

それから、ごく少数ではありますが、
猫嫌いの人が避妊去勢手術をしたとしても、
野良猫にエサをやるのならば、
自分の家で全部飼えと理解してくれない場合があります。
しかし、ほとんどは日本という国は狭い住宅事情、
賃貸ではペット禁止などの問題もあり、
全てボランティアの方々が、野良猫を家の中に入れる事は
不可能な事です。
避妊去勢をした一代限りの野良猫が最期まで生きる権利を
どうか認めていただければと思います。
野良猫は元は飼い猫。
捨てた人間達の犠牲になった命です。
短い寿命の間だけ、お腹一杯に食べて生きてく事だけでも、
許していただけませんか?

荒川区へ抗議はこちらです

心ある皆様方へ。
餌やり禁止罰則条例というのは、
野良猫問題及び、野生動物への餌付け問題が、
解決するわけでない事を抗議して下さいませんでしょうか?

お忙しいところ、大変申し訳ありませんが、何卒お願い致します。

東京都は日本の首都でもあります。
東京都23区内の荒川区がこのような条例を作ってしまう事は
絶対に阻止しないといけません。
罪のないか弱き命に対して、
飢えて死ねという条例に絶対反対して下さい。

するめ管理人より



迷惑餌やりに罰金=全国初の条例素案-東京・荒川区

 東京都荒川区は19日、ハトやカラス、野良猫などに勝手に餌をやって周辺住民に
迷惑を掛けることを禁止し、違反した場合は罰金を科す条例の素案を発表した。
12月議会に提案する。区によると、勝手な餌やりを禁止する条例を持つ自治体はあるが、
罰金を設けるのは全国初。
 素案は、自分で所有していない動物に餌を与え、鳴き声やふん尿などで周辺住民が
被害を受けるケースを禁止事項として規定。住民の苦情などを受けて区が立ち入り調査し、
中止を勧告する。従わない場合は、弁護士らによる審査会に掛けて中止命令を出したり、

氏名を公表したりできる。
 立ち入り調査を拒めば10万円以下、中止命令に違反すれば5万円以下の罰金。
区は「強制力のある条例で、抑止効果を期待したい」としている。
(2008/09/19-18:17)

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008091900869
スポンサーサイト

テーマ : 野良猫と地域猫
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
さっそく荒川区に抗議のメールを送りました。
応援してます。頑張ってくださいね。

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=155785

和歌山県でも野良猫に餌をあげれないように・・・愛護団体が署名活動しています。

数ヶ月で数匹の避妊去勢

野良猫の避妊去勢手術を個人で続けてくださっている方、本当にありがとうございます。
皆様の元に届いた荒川区からの回答文を読みますと、荒川区が野良猫の避妊手術をして下さった数が僅か数匹とかかれていました。
数ヶ月で数匹の避妊手術では野良猫問題解決には程遠く思えました。
数匹手術をしただけで、えさやり罰則条例を作っても良いというのはかなり強引な強攻策です。
荒川区が一部の獣医にかなりの野良猫の避妊の為に高額の補助金を支払っているようですが、都内には、格安で野良猫の避妊去勢手術をしていらっしゃる動物病院がいくつかあるようです。
高額の補助金を一部の獣医に支払う事が、野良猫問題解決になるとは考えにくいです。

荒川区は野良猫に対して下地もなく協力もないまま、ただ一部の問題とされる人の迷惑行為に対して解決できないために条例、、、こんなことで恥ずかしくないのだろうか。地道に去勢避妊に心血注いでいる人のこと、考えたことありますか・荒川区の協力が得られないので他区の協力の得られるお医者様にお願いして100匹以上しました。確かに勝手です、、、それだから・?とおしゃるでしょう。捕まえることも大変、、区役所の方やってみたらいかがでしょうか?地域猫に期待するだけです。条例反対。
プロフィール

するめ管理人

Author:するめ管理人
動物愛護の為に動物問題についての記事を載せるブログです。
メールはこちらからお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。